イギリス発!!ペットとオーナーのマッチングウェア、ブリティッシュファッション「デヴォンアンドリュー / Devon&DrewJapan」日本公式サイト

HISTORY


- デザイナー デボン・アンドリューファミリーヒストリー -


 
私の曽祖父の父親の伯父であるアンドリュー・ セドウィックは英国のデボンシャーで
紳士用装 身具商を営んでいた。リンカーン大統領がそ の中に大事な書類や演説原稿をしまえ
るような大統領の帽子を作ったという言い伝えは少し嘘 くさいが、当時インドに出兵する士官のための
カマーバンドを作っており、士官たちに上下逆 に着用してそのプリーツの襞をメモのポケット
として利用するようにアドバイスしたというこ とは本当らしい。

当時仕立て職人は結構きつい仕事であったよう だが、それでも炭鉱で働くよりましだったようだ。
仕立職人は窓際のテーブルに胡坐をかいて 膝の上で縫う作業をするが常だった。というのも
当時の窓はとても小さく、縫製作業は部屋の 中で一番明るい場所がそこだという理由からだ った。
そういう訳で当時の仕立職人は窓辺で過 ごす時間が多いため巷の出来事に詳しく、
ある意味で町一番の世情通であったと曽祖父が私に 話してくれた。おまけにアイロンの
おかげで職 場は暖かく、暖をとりにくる訪問客の噂話も情 報源だったようだ。胡坐を組んだ上に
アイロン 台を渡して、仕上げのアイロンをかけていた。
アイロン台はしばしばロバ(ドンキー)と呼ばれ、アイロンは取手の形状からガチョウ(グース)と
呼ばれていた。当時アイロンは電気ではなく小さな石炭のヒーター上で熱していた。

デボンの父の代、つまり1800年代に入り父が仕 立職人をついでいたとしたら、長男は仕立職人
を継ぎ、次男はたぶん靴職人になっていたと思 う。私の曽祖父の父親は三男であり、海辺に
住んでいたこともあって彼は船乗りになった。世界を船旅するうちに彼は素晴らしい織物を
見つけては長男の元へ届けていた。その高級織物 と高い技術力で、次第に小売りから貿易業、
製造業、卸売業経営へと事業を拡大し、織物店を 何店も所有するようになった。
私の曽祖父の父はニューヨークで未来の花嫁と 出会い米国に移住しても海外の貿易を続けていた。
彼の息子すなわち私の曽祖父は跡を継がな かったが、ニュージャージーに競馬用の厩舎を 所有し、
競馬のために特別列車を仕立ててニュ ーヨーク市に通う富裕層のパトロンを抱えてい た。
彼の父親のビジネスはこれら競馬好きのパトロンたちに高級な服を売ることで さらに繁盛した。

さて、ここから織物にまつわる話は、次の世代 つまり私の祖母に飛ぶことになる、私の祖母は
一流のファッションモデルであり、ボーグ(Vogue)の表紙を飾るまでになっていた。
娘である私の母は祖先の地である英国のデボンシャー (Devonshire)のエクスター大学に入学し、
彼 女も一時モデルをしたものの、もっぱら息子で ある私に子供モデルの仕事をさせていた。
その影響か、私は母と服飾店で過ごすことがとても 楽しみであった。母が服を選んでいるあいだ
マネキンを気取ってみたり、母の選んだ服に コメントをすることもあった。考えてみると
私が服飾デザイナーになったのも祖先の仕立職人としての血が私をそう仕向けたのかも知れない。
結局ご先祖様の仕事を再開する ことになったのだから。


 
There is no truth to the rumor that my GGG uncle, Andrew Sedgwick, a haberdasher from
Devonshire, England, made Abraham Lincoln’s top hat so that President Lincoln could store
important papers and notes for speeches inside. He did, however, make cummerbunds for military
officers heading out to India, providing them with instructions to wear the cummerbund upside
down so they could use the pleats for storing messages.

Being a tailor was hard work but much better than working in the coalmines. The tailor traditionally
sat cross-legged on a table pushed against a window with the sewing in his lap. The reason for this
was that windows were very small and the work needed the best light. My great grandfather told
me that the tailor, sitting in his window on the table, saw most of what was going on outside and
became something of a local news reporter. His shop was always warm because his iron was
always hot and ready to use so people would often come in for warmth and gossip. Sitting
cross-legged helped keep his work clean and allowed him to lay his pressing board across his
knees. The pressing board was sometimes called a donkey, and the iron was called a goose due
to its goose-necked handle. The iron was heated on a little charcoal heater.

In the 1800’s, if a father was a tailor (haberdasher), the first son was also a tailor while a second
son often became a shoemaker. My GGG grandfather was the 3rd son, and, living near the sea,
decided to become a sailor. His travels took him around the world where he discovered wonderful
fabrics that he brought home to his brothers. Using this fabric and their individual skills, the
three of them moved from making and retailing small piece-goods to becoming cloth merchants
who ran a manufacturing and wholesale import and export business in addition to owning a
number of draper’s shops.

My GGG grandfather continued to handle the distribution in overseas trade, in spite of meeting
his future wife in New York and immigrating to the United States. His son did not follow in his
father’s footsteps, opening instead a private racing stable in New Jersey where wealthy patrons
would come by a special train from New York City for a day at the races.His father’s clothing
business success increased as he designed many of the elegant and fashionable outfits for
the race goers.

Our interest in clothing seems to have skipped the next generation until my grandmother became
a high fashion model and Vogue cover girl. My mother returned to our ancestral roots by attending
the University of Exeter in Devonshire, England. She, too, did some modeling but later spent more
time taking me to modeling jobs when I was a child. My favorite activity was spending hours in
clothing stores with her. I would pass the time pretending to be a mannequin until she tried
something on and I could pass judgment on her choice. It seems that my destiny was set
by my haberdasher ancestors to restart their business once again. 

- ITEM CATEGORY -


マッチングウェア

ペットウェア

ペットグッズ

メンズウェア

レディースウェア







- フォトコレクション -


>>写真をもっと見る




ホーム |  ご利用ガイド |  メルマガ登録・解除 |  特定商取引法に基づく表記 |  プライバシーポリシー